2008年03月25日

変な話、ここ数日店に来るお客さんが変な人ばっかりふらふら
母ちゃんは、そんな人が来るとほんとテンション下がりまくる・・・
ぶつぶつ1日文句言いたくなる顔(汗)

この前の日曜は忙しいのもあって、父ちゃんも母ちゃんも
接客&作業に追われていた。
1組目=少々ややこしい作業で父ちゃんが担当していた。
2組目=これまた少し時間のかかる作業で母ちゃんが担当してた。
3組目=←こいつだよ!こいつ!
見た目普通のおじさん(推定50〜60後半位)
父「少々お待ち下さい」
母 もくもく作業中
おじさんがいきなり作業してるカウンターの中にまで入ってきて
「トイレかして!」この時点で父ちゃんも母ちゃんもOKしてはいない!
勝手に店の奥までドカドカ入ってきて、正確にドカドカ入ってきながら
トイレかして!って言っていたたらーっ(汗)
さすがにビックリしたので
父「お客さん勝手に入らないで下さい」
客「トイレかして!って言ったしょ!」
父「誰も返事してませんよね?了解得てからかりませんか?」
客「仕事してて忙しそうだったから・・・」
父「とにかく勝手に入らないでください」
客は父ちゃんの言ってることを無視してトイレに入っていった。。。
たぶん覚えてはいないが、前にも来てトイレかりてるんだろう。。。
トイレが奥にあることを知ってたんだし・・・
ノエルもいるから客にトイレ貸す時はバックヤードのドアを完全に閉めてから貸すようにしている。
ノエルが跳び付いたら困るからさ顔(汗)

そして作業が終わり商品を渡すとお金を投げ捨てる様に置いていった。
母「お客さん10円足りませんけど!顔(イヒヒ)
客は足りない10円をまた投げ捨てる様に帰っていった。
父ちゃんも他のお客さんがいなかったら引きずり出してやるとこだ!
ってお怒りモードちっ(怒った顔)
母ちゃんも、もちろん頭に来るけど一つ思ったのは
「父ちゃんがいてくれて良かった・・・」顔(え〜ん)
だって変な人だったら?って思ったら恐ろしいよ顔(え〜ん)
まぁ〜母ちゃんを襲う人はいないとは思うけどね顔(ペロッ)
お客さんだからトイレ貸すのはいいけど普通ちゃんと断りませんかね?
コンビニじゃないんだからさむかっ(怒り)
ほんと変な客が多くて嫌だよね。。。つか常識ないんじゃないの??
道が分からなくて訪ねてくる人もさ・・・普通は
「お仕事中申し訳ありません。ここ分かったら教えて頂けませんか?」って聞きませんか?
うちの店コンビニと違って買物しなくていいと思うのか
道お尋ね人が異常に多い顔(汗)
聞いてくる態度も「ここ行きたいんだけど分かる?教えて?」とか
ホントに分からなくて「聞いたことありません」って答えたら
「何で分かんねーのよ!」とまで言ってく輩もいる。。。
まぁ〜道お尋ね人は態度悪い人には母ちゃん「分かりません?」で
通してるけどね!知ってても顔(イヒヒ)

そして今日も・・・これもおじさん。
客「これの○○欲しいんだけど」
母「型は分かりますか?」
客「そんなに種類あるの?」
母「同じメーカーのものでも3種類くらいあります」
客「返品できるの?」
母「○○上の都合で欠陥品以外の交換返品はできません。なので調べられてからの方が」
客「ホントに3種類もあるのか工事の人に聞いてみて!」
母「は?ですから申しあげたとおりですが・・・」
客「いいから聞いてみて!」
仕方がないので仕事中の父ちゃんに電話して客と話してもらった。

要は、この客母ちゃんの言う事は信用できなかったらしい顔(汗)
単なるオバサンだからでしょう。。。
場所も遠いから確認しにいくのも面倒だったんでしょう。
それでも写メ見て形までは指定してやったのに
ちょっとした専門知識ぶらさげて色々聞いてくるわけよ!
専門用語話してるから分かってる人だと思って、こっちも専門用語使って説明したら「そんな専門用語言われてもわかんね〜!」ってさむかっ(怒り)
だったら、こっちの話を信用してくれればいいのにね・・・
まず女だからって頭から話分からないと決めつけてる。。。
誰に言っっとんじゃ〜ボケがexclamationむかっ(怒り)
外科医に「ホントに手術できますか?」って聞いてるのと同じだよ!

はぁ〜〜イライラするなぁ〜〜〜ちっ(怒った顔)
こんな時は、こういう客が続くから要注意だわ顔(ぷんっ)

イライラ加減もノエルを見て癒されよ〜〜っとひらめき
私は働くすて奥だものるんるん

母ちゃん!頑張ってね!
P1000253.jpg

って今も道お尋ね人・・親切に教えてあげたら「ありがとう」の
一言もない・・・熟年夫婦よ。。。
良い歳した大人が礼儀の一つも知らないのかね・・・
呆れて母ちゃん痩せるかも?顔(ペロッ)

ふんふんむかっ(怒り)はぁ〜少しスッキリした顔(笑)

ニックネーム ノエルまま at 13:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする